Discreet Blog

Daily Link 2010-11-15

Music for Cloudbusters

Amazon MP3 による国内での DRM フリー音楽配信サービスの開始を記念して、音楽ネタのコンテンツを Music for Cloudbusters に分離、独立させました。Amazon お賽銭箱も設置しましたので、よろしくお願いいたします。

posted at 14:00:48    #

Daily Link 2010-08-31

ソフトウェアの欠陥

ソフトウェアの欠陥は大きく三つに分類できる。

  1. あんたのバグ

  2. あんた以外の誰かのバグ

  3. スレッド

posted at 21:52:16    #

Daily Link 2010-05-25

Flex の入門書

世間には Web アプリケーションで GUI ライブラリの真似を JavaScript にさせている人がいますが、各ブラウザでの動作チェックがたいへん過ぎ。オラには無理。で、最近は仕事に Adobe の Flex を使うようになりました。一応オープンソースだし。

始めるにあたって、Flex のキホンをお勉強するために何か良い本はないかと色々チェックしたのですが、どの本もぶ厚い割に中身は画面のスクリーンショットばかりで、肝心のとこが書かれていない。

Adobe 公式の FLex 3 Developer Guide は無償で PDF 版をダウンロードできるし、細かいところまで書いてあってとても良いのだけど、ひたすら文字だけの 解説が600ページ近くもあるので、オラみたいな初心者はメゲる。

なーんか、ないのー?プログラマー向けの、全体像がコンパクトにまとめられた薄い本はー、とか言ってて思い出しました。Bruce Eckel さんが何か Flex の本出していたはず。

あったよー。First Steps in Flex。Bruce Eckel さんと Adobe の James Ward さんの共著。この本ぴったし。Java とかのオブジェクト指向プログラミング経験者対象でとにかく薄い、140ページしかない。スクリーンショット皆無。サンプルコードはどれも短く、10行から30行程度のものばかりだけど、必要十分、短時間で Flex の全体像がつかめる。

さすが Bruce Eckel さん、たくさん本書いてるのはダテじゃないね。入門書というのはこうゆうふうにコンパクト、簡潔であるべきだと思う。Mark Lutz さんとか Mark Lutz さんとか Mark Lutz さんにはぜひ見習っていただきたいと思います。

この本、Flex 4 じゃなく Flex 3 が対象で、日本から注文すると送料とかで3,500円くらいになっちゃうけど、それでもお勧め。

posted at 14:17:52    #

Daily Link 2010-05-13

お飲み物は何になさいますか?

「めんつゆ!」

「そば湯!」

posted at 23:34:40    #

Daily Link 2010-01-27

思いどおりの日本語入力

「しゅっちょう」を変換したら「出張マッサージ」が候補の2番目に来る。

さすが!

posted at 22:39:12    #

Daily Link 2009-12-01

Divmod Software Releases

divmod の一連のソフトウェアの新バージョンがリリースされています。先日の Twisted 9.0.0 もリリースアナウンスがなかったのですが、こっちもメーリングリストや divmod.org サイトでのアナウンスはなく、Jp Calderone さんのサイトで告知されいます。孤軍奮闘です。

新バージョンとは言っても、Divmod, Inc のサポートはもうなくなっちゃったよ、あとはコミュニティに委ねるよ表明バージョンみたいなもので、現時点での svn trunk に入っていたのをそのままリリースしただけです。

でもオラは使い続けます。だって、ほかの Web フレームワークとか ORM はもう使えないカラダになってしまったんですもの。

えんじょい

posted at 00:13:04    #

Daily Link 2009-11-17

いつ まざ ふきんぐ ぶず たむ

Tanabe さんご推薦のおねえさんです。オラもこのおねえさんには、自由のために闘ってほしいと思います。

posted at 13:22:24    #

Daily Link 2009-11-12

早起きしても Nevow

今どきの Web アプリケーション開発用のツールとして真っ先に挙がってくるのがテンプレートエンジンというやつです。(Divmod, Inc の解散により存亡の岐路に立たされている) Nevow も XML ベースのテンプレートエンジンを備えているんですが、それよりも先ず紹介すべきなのは stan。S 式風の構文でXML/XHTML を表現する仕組みです。こんな風に HTML を生成します。

>>> from nevow import stan
>>> html = stan.Tag("html")[
...   stan.Tag("h1")["HTMLです"],
...   stan.Tag("p")["本当です"]
... ]

一瞬何これ?に見えますが、上記のコードで入れ子状の stan.Tag オブジェクトが生成されます。

>>> html
Tag('html', children=[Tag('h1', children=['HTML\xe3\x81\xa7\xe3\x81\x99']),
Tag('p', children=['\xe6\x9c\xac\xe5\xbd\x93\xe3\x81\xa7\xe3\x81\x99'])])

これを平坦化すると HTML が得られます。

>>> from nevow.flat import flatten
>>> print flatten(html)
<html><h1>HTMLです</h1><p>本当です</p></html>

タグにアトリビュートを付けたいときは次のように書きます。

>>> a = stan.Tag("a")(href="http://jp.youtube.com/watch?v=ODshB09FQ8w")["Spam"]
>>> print flatten(a)
<a href="http://jp.youtube.com/watch?v=ODshB09FQ8w">Spam</a>

既に気付いているかもしれませんが、これらは __getitem__ と __call__ を悪用することで実現されています。

HTML 用のタグ生成用の仕組みは予め nevow.tags として用意されているので、こっちを使った方が便利です。

>>> from nevow import tags as T
>>> html = T.html[
...   T.head[
...     T.title["HTMLです"],
...   ],
...   T.body[
...     T.h1["HTMLです"],
...     T.p[
...       "本当です。でも HTML は",
...       T.strong["1行も書いていません"]
...     ]
...   ]        
... ]

あんまり Python のコードに見えませんが Python のコードです。

posted at 11:54:56    #

Daily Link 2009-11-08

人はなぜ

歯槽膿漏になってはじめて歯槽膿漏予防ハミガキを使うのでしょう?

posted at 15:00:32    #

Daily Link 2009-07-14

Divmod.com は今月末で店仕舞いだそうです

以前から Nevow は twisted.web に統合するって言ってたから残るだろうけど、Axiom とかそのほかのプロジェクトはどうなるかなあ。

ちょっと前には Allmydata の zooko さんもリストラされたって言ってたし、今年はこれからまだオープンソース界隈の著名開発者がたくさん失業するんだろうね。まあ仕方ないね。

でもあれだ。きみたち、落胆することはないぞ。お金がなくなって休みの日も出歩くことができなくなるってことは、正々堂々家に篭もってプログラムを書けるってことだ。たのしいな。

posted at 00:19:28    #

Daily Link 2009-07-13

BitTorrent 4.0 のコードも GPL になっていたのでお知らせします

5.3のコードに続いて4.0もGPLになってました。そろそろ店仕舞いの準備なのかね。

posted at 23:53:52    #

Daily Link 2009-02-06

誰も何も言わないのでオラが BitTorrent 5.3 のリリースをお知らせします

何のお知らせもなくただダウンロードサイトに置いてあるだけなんですが、BitTorrent 5.3 がリリースされました。ライセンスは唐突に GPL です。

BitTorrent のソース、「なんか難しそー」と思って読んでない人が多いと思うけど、マルチプラットフォームで実践的な Python アプリケーションのノウハウがいっぱい詰まってるんだよ。

posted at 00:17:20    #

Daily Link 2009-02-05

マイクロソフト製品ならびにサービスにおける外来語カタカナ用語末尾の長音表記の変更について

日本銀行札幌支店 日本語で「ターミネータ」と言えば ISDN や SCSI の終端抵抗を指し、「ターミネーター」と言ったら皮ジャンにサングラスでマシンガンを乱射するアンドロイドのことだ。両者を混同する人はいない。

ISDN、10BASE-2 や SCSI の衰退と共に「ターミネータ」が人々から忘れ去られつつある一方「ターミネーター」はこれからも生き続けるのだ。

かむぅぃずみ いふゅわなりぶ

posted at 23:47:28    #

Daily Link 2009-01-27

サラ・コナー・クロニクルズについてはオラの立場上、ひとことふれておかねばなるまい

新しいターミネーターが菊地凛子さんなので許す。

posted at 01:06:24    #

VMware のブリッジ接続

最近ちょっと大人になったので、仕事では Vista で VMware Server を動かしてその上に Linux を載せてます。ネットワークは VMware Bridge というのを経由して、Vista と Linux がそれぞれ独立した IP で他のマシンからのアクセスを受け入れられるようにしているのだけど、このVMware Bridge というのが突然具合悪くなった。昨日まで問題なく使えていたのに。

Linux 側で eth0 を認識しているにも関わらず、他と通信できなくなった。試しに Bridge じゃなく NAT に切り替えてみるとちゃんとつながるのだけど Bridge に戻すとダメ。何で?

そういえば昨日 Vista をシャットダウンするときに Vista のアップデートがかかっていたなと思い出し、一旦アップデートを削除、再起動してみると、今度はつながった。アップデートが原因?念のためもう一度再起動してみる。またつながらなくなった。何だこれ?もう一度再起動、やっぱダメ。

VMware を一旦削除、再インストールしてみる。つながった?もう一度再起動、またダメ。んー、何だ原因は?

そういえばこのマシン、有線 LAN のほか無線 LAN 機能もあるんだよな。今は OFF にしてるけど。ひょっとして、そっち見にいってるのとちゃう?

コントロールパネルの「ネットワーク接続の管理」で無線 LAN インターフェースのプロパティを見ると、VMware Bridge Protocol にチェックが付いてたのではずす。もうひとつループバックのインターフェース(Microsoft Loopback Adapter)にも VMware Bridge Protocol がバインドされていたので、こっちもはずす。

今度はちゃんとつながった。再起動してもヘンにならない。よかった。でも半日無駄にした。

posted at 00:47:12    #
2月 2011
  1 2 3 4 5 6
7 8 910111213
14151617181920
21222324252627
28      
11月
2010
 3月
2011

Yasushi Iwata のウェブログです。

XML-Image Letterimage

© 2011, Yasushi Iwata